FSW

固定ショルダ式摩擦攪拌接合の原理

FSWとは

固定ショルダ式摩擦攪拌接合(Stationary Shoulder Friction Stir Welding)は、材料を溶かして接合する従来の溶接とは異なり、摩擦と攪拌で軟化させた材料の接合を行うもので、母材以外の素材を用いずに接合が可能です。小さな曲面の接合が可能で、接合面も美しいなど多くのメリットがあります。

一般的なFSWよりショルダー押し付け範囲が小さく、材料の変形やゆがみ、接合強度に悪影響を与える入熱が小さいことが特徴です。

切削から摩擦攪拌接合までの工程

切削から摩擦攪拌接合までの工程

摩擦攪拌接合の利点

摩擦攪拌接合の利点

変形や歪みの少ない接合部
母材以外の素材を用いず、材料も溶融しないことから変形や歪みが少なく、   かつ疲労強度が高い接合ができます。

異なる材質の接合が可能
FSWでは、同じ材質はもちろん、アルミニウムと鉄などの異なる材質の接合もできます。

安全で快適な作業環境
ガス、煙、スパッタ、プラズマやX線などの放出がありません。

ワークサンプル例

ワークサンプル例
ワークサンプル例

導入機器紹介

導入機器紹介

VTC-530/20 FSW

・固定テーブル、主軸移動方式を採用
・中仕切り板により自動運転中でもワーク交換や段取りが可能
・2300mm×530㎜のロングテーブルにより、長尺ワーク加工や多数個ワークの
 加工が可能
・固定テーブル方式により、油圧治具・取り付け具やロボットを組み込む際で
 も、配線・配管の処理が容易

安心の品質検査体制

安心の品質検査体制

3次元測定機を使用した検査を行います。
ユーザー様の求められる精度を満たすための検査体制を整え、日常の業務を行っております。